ぺこたび

  1. TOP
  2. 広島の街中
  3. その他
広島で愛される“街のコーヒー屋さん”OBSCURA(オブスキュラ)袋町のこだわり
広島の街中その他

広島で愛される“街のコーヒー屋さん”OBSCURA(オブスキュラ)袋町のこだわり

この記事は2019年07月24日 に公開した記事です。お出かけの際はお店の公式サイトやSNSなどで最新の情報を確認してお出かけください。

こんにちは、みくに(@mikuniyuri)です。
今日は広島・袋町にやってきました。

ペコマガ編集部はコーヒー好きが多くて、オフィスではみんなでドリップコーヒーを楽しんでいます。
コーヒー豆を買うときによく利用する「OBSCURA(オブスキュラ)」さんを今日は取材させていただけることになりました!

OBSCURA袋町への行き方

本通りからスタートします。セブンがある方からです。

電車通りに沿って、袋町電停の方に向かって歩きます。

私もよく間違えるんですけど、三菱UFJ銀行を通り過ぎて横断歩道を渡ります。

ここで曲がっちゃうんよね〜

この女神(?)の像が見えたら、左に曲がります。

しばらく進むと…

到着です!

左手におっしゃれ〜なお店が見えて来ますよ♡

OBSCURA COFFEE ROASTERS FUKUROMACHI(オブスキュラコーヒーロースターズ袋町) 広島市中区袋町3-28 /TEL.082-249-7543 /営業時間.9:00〜20:00 /店休日.第3水曜日

コーヒースタンドと純喫茶を融合した新しいショップ

店内に入ると目に入るのは大きなカウンター。
まずはこちらで注文とお会計をします。

左手にはコーヒー豆を販売しているスペースも。
(私もよくここでコーヒー豆を買っています。)

何種類か試飲することもできるので、初めての味にもチャレンジしやすいです。
新しい出会いがあることも多々!
(試飲して気に入って買うこと…多いです。)

袋町店の特徴として「コーヒースタンドと純喫茶の融合」というものがあります。
ここで言うコーヒースタンドとはテイクアウト中心のコーヒーショップのこと。
そして純喫茶とは、お冷やおしぼり、給仕などなどのフルサービスを受けることができるコーヒーショップのことです。

サクっとコーヒーだけ買って帰りたいという方も、ゆったりと店内でくつろぎながらコーヒーを楽しみたいという方も利用できるのがポイントです。

そのためテイクアウトとイートインで価格が違います。
イートインが少し高めに設定されているのは、お冷やおしぼりなどからフルサービスを受けられるからなんです。
その時々に合わせて選ぶことができるのは、嬉しいですね!

本日のコーヒー(Mサイズ)をテイクアウトすると、290円というお安さに!
スペシャルティコーヒーをこのお値段でいただけるなんて…!

おすすめのコーヒーとスコーンで特別な朝時間に

今回はイートインスペースで、おすすめのメニューをいただきます。

女性に人気のカフェラテは見ても飲んでも楽しめる

まずいただくのはラテ。
こちらは女性に人気のメニューです。

さらさらさら〜っと、ラテアートを書いてくださいます。

マグカップでラテアートを楽しめるのはイートインの特権かも。

Latte(HOT/ICE)
¥570 / eat in
¥390 / Mサイズ(to go)
¥440 / Lサイズ(to go)

ちょっと動かしたら崩れてしまいそうなほど繊細なラテアート。
プロの技です…!

エスプレッソの苦味と香りがまろやかなミルクと混ざり合って絶妙なバランス。
私的な“美味しいラテ”って、温度が大切だと思っているのですが、熱すぎないけどぬるくもない。ちょうどいい温度です。
ついゴクゴクっと飲んでしまいたくなっちゃいます。(もったいないからしないけど)

豆から選ぶこともできる、ハンドドリップコーヒー

続いて人気なのがハンドドリップコーヒー。(コーヒー屋さんなのでね)
「本日のコーヒー」を選ぶと100円ほどお安く購入できますが、豆を選ぶこともできます。
自分好みのコーヒー豆で飲みたい!というこだわり派のあなたは選んでみては?

もこもこもこ…

この蒸らす時間がたまらないですよね。
ふわあっとコーヒーの香りに包まれて、ずっとこの瞬間が続けばいいのに〜って思います。

目の前のカウンターで丁寧にコーヒーを淹れてくださるスタッフさん。
コーヒーのお話をするのも楽しい時間です。

最後はマグに注いで完成です。

Today's Coffee
¥500 / eat in
¥290 / Mサイズ(to go)
¥340 / Lサイズ(to go)

この日の「本日のコーヒー」はグアテマラ。
なんと私が一番好きなコーヒー豆でした!
飲みやすくて深みのあるシンプルなコーヒー。

同じ豆を使っているのに、自分で淹れるのとは味が違う…

こうやってお店でプロの味が味わえるのって素敵ですよね。

ちなみにテイクアウトはこんなカップ。
寒い季節にはホットコーヒーを持っておでかけしたくなります。

手作りにこだわった、Cadona(カドナ)のスコーン

オブスキュラでコーヒー以外のメニューはこの“スコーン”のみ。
こちらのスコーンは広島・吉山にあるパン屋さん「Cadona(カドナ)」の中原真介さんが作られています。

「手作りにこだわりたい」と話すオブスキュラの方達も、
「中原さんは(パンの)変態ですよ!笑」とおっしゃるほどの、手作りにこだわりを持ったパン屋さんです。
ペコマガでも取材させていただきたい…!

中原さんのスコーン プレーン
¥
280

持ってみると意外と軽い。
割ると、ほろほろっと落ちてしまいそうになるほどの軽さと固さがあります。

「そうそう、スコーンってこれだよね!」と言いたくなるほどの定番スコーンという感じです。

ぱくり。

んふふっ

ほろっと軽いスコーンなのですが、噛めば噛むほどしっとり感が出てきます。
スコーンってパサパサするイメージのある方も多いかと思いますが、パサパサとは無縁です。

ふんわり優しい甘さと一緒に、しっとりと生地の美味しさを味わうことができます。
ここ来るといつも頼んじゃうんですよね〜。
コーヒーとの相性も抜群!

ごちそうさまでした。

ふらっと立ち寄りたい、“街のコーヒー屋さん”

広島の街中にあるオブスキュラ袋町。
オブスキュラは東京・三軒茶屋に3店舗、広島に2店舗だけのコーヒーショップ。
それはオブスキュラの立ち上げメンバーが広島出身だから。
広島という地元の街で、ふらっと立ち寄れる“街のコーヒー屋さん”を目指しているんだそう。

洗練された空気感の中でもアットホームな雰囲気を感じることができるのは、店長さんはじめスタッフのみなさんが柔らかい雰囲気をまとっているから。
コーヒーが好きな人も、詳しくない人も、どんな人でも暖かく迎え入れてくれる空気がここにはあります。

ぜひ、一度ふらっと立ち寄ってみてくださいね。

#スコーン  #ラテアート #中区 #コーヒー #袋町

YouTube

  • 広島の人気のパン屋さんグラマーペイン
  • グランドプリンスホテル広島のスイーツブッフェ
  • 広島初のカヌレ専門店 立町カヌレ