ぺこたび

目の前まで行ける!八天堂のくりーむパン工場見学に行ってきた!
広島の街中体験

目の前まで行ける!八天堂のくりーむパン工場見学に行ってきた!

こんにちは。ぺこたび編集部の みくに(@mikuniyuri)です。
今日は、広島空港をバックに登場です。


やってきたのは、こちら!
くりーむパンでお馴染み、八天堂さんの工場です〜!


八天堂 広島みはら臨空工場 (広島空港前) 広島県三原市本郷善入寺用倉山10064-189 /TEL.0848-86-8622 /9:15~10:30/10:45~12:00/13:00~14:15/14:30~15:45(1日4回) /年末年始を除き、年中無休 /所要時間:約1時間15分


集合場所は、工場の入り口。
スタッフの方が待っていてくれました!

よろしくお願いしま〜す!


階段にもわくわくする仕掛けが!


まずは工場見学のための準備を!


まず案内されるのは、こちらのお部屋。

ここでまず10分間のDVDを鑑賞します。
工場でくりーむパンが作られる流れなどを映像で学びます。


そのあとは工場見学の準備です!

マスクや帽子など、完全防備!!


大人用から子供用まであって、これを着るだけでテンションあがっちゃいます!


私も着替えました!

普通の工場見学でここまで完全防備なことってあまりないですよね?
こんなにしっかりと準備をするのには理由があるのですが…
それは後ほど分かります!


スタッフさんの説明を聞きながら、しっかりと準備を済ませたら…


いざ!!!

と思いきや…


工場に入る前の準備はまだ続きます。

こちらのカーテンは静電気などを除去してくれるそうです。
ここをくぐって…


工場で働く方がどんな衛生管理をおこなっているかも教えてもらえます。
頭から足の先まで、コロコロで毛や埃を取るのを1分30秒おこなう!など、細かく決められていて驚きです。


そして最後は!こちらのエアシャワーを浴びます!
初体験です!


両手をあげて中で2周回ったらOK!

これで準備は完了です。

くりーむパン作りの4つのラインを間近で見学!


エアシャワーを抜けた先が工場です。
ただ、想像していた工場という感じではなく…
扉が4つある廊下にやってきました。


廊下の突き当たりには、パンを作る工程が書かれています。

1.成型ライン


最初に入ったのは「成型ライン」
パンの生地から、ひとつひとつの形を作っていくところです。
丸めたり、並べたり、発酵させたり…という作業をしています。


くりーむパンだけでなく、いろいろなパンを作っています。


この赤いボードの上にあるのが、くりーむパンの生地です。
この小さな生地がひとつひとつのくりーむパンになるんです!!


奥の部屋は、生地を発酵させるところです。


ここで発酵させた生地を焼き上げていきます。

なんと1時間でくりーむパンを5000個も焼くことができるんだそうです!!!
すごい…!

2.カスターライン


次に入るのは「カスターライン」
くりーむパンの中に入るカスタードクリームを作る部屋です。


入るとあま〜い香りが♡

なんと、このお部屋では全て手作業でクリームを作っているんです!


「ここまで手作りされてると思わなかった〜!」というお客さんも多いのだとか。
確かに…クリームまで手で作ってるなんて…!


ほ…ほんとに手作りだ…
家でハンドミキサー使ってるのが申し訳なくなるくらいです。。


奥ではたくさんのボウルで牛乳が温められていて、カスタードと混ぜる作業をされています。
1つのボウルで約200個分のカスタードができるんだそうです!

3.クリームライン


続いてやってきたのは「クリームライン」


この時間にはクリームの製造は終わってしまっていましたが、この部屋でパンに入れるクリームを作っています。

マフィンの型を外したり、明日のクリームの準備などをされていました!

4.包装ライン


最後はこちら。「包装ライン」
最後の仕上げをするお部屋です。


この部屋には25名ほどのスタッフさんが働いていらっしゃって、一番活気のある部屋だそうです。
入ると「こんにちは〜!」とみなさん挨拶してくださいます♡


ここでおこなわれるのは
・パンにクリームを入れる
・包装

の大きく2つの作業です。


パンをクリームの針のようなところに「ぶすっ!」と刺して、クリームを中に注入しています。


作業がとってもスピーディー…!


そのあとは、全て手作業で包装されています。
ここまで手でやってるなんて知らなかった〜〜。

普通これって機械が自動でやるんじゃないの?ってところまで人の手でおこなわれています。


包装のスピードもものすごいんです。
これがプロの技…!

こんなに間近でみられるなんて!

ここで包装されたくりーむパンは、最後にX線で異物が入っていないかをチェックして安全なものだけが配送されていきます。
全国で発売されるくりーむパンの9割はこの工場で作られているんだとか!

以上4つの部屋、約40名ほどのスタッフの方で全ての工程をおこなっていると聞いて驚きが隠せません…!

最後は包装体験&お土産つき!


工場見学が終わると、お土産にくりーむパンをもらうことができます!

もらったくりーむパンを実際に包装する体験をして、工場見学は終了です。


紙のたたみ方を教えてもらって…


綺麗な五角形にたたむことができました〜♡
ラベルには「工場見学」の文字もあって、思い出にもなりますね!

大人から子供まで楽しめる!間近でパン作りを見れる工場見学

今回の工場見学で驚いたことは2つあります。

1つめは「見学の近さ」!
ガラス越しに見学するというイメージがあった工場見学ですが、実際に工場の中に入って目の前で見ることができるのが驚きでした。
こうやって人の手で丁寧に作られているんだ〜というのが間近で感じることができました。
写真や映像だけでは伝わりきらない、スタッフさんの暖かさやパンのいい香りを感じることができました!

2つめは「手作りのこだわり」!
工場見学では機械がたくさん動いているところを見るのが一般的ですが、八天堂の工場はほとんど人の手でパンを作っています。
クリームを作ったり、パンを並べたり、包装したり…
街中やお土産屋さんでもよく見かける八天堂のくりーむパンですが、こうやってひとつひとつ丁寧に作られていたんだ…!と驚きました。

子供はもちろん、大人も「へえ〜〜!」と思わず唸ってしまう八天堂の工場見学。
隣の施設には、八天堂のカフェも併設されているので、ぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか?

#竹原・三原 #三原市 #三原 #広島空港 #工場見学 #駐車場がある #ファミリーにおすすめ #広島から日帰り #パン #クリームパン