ぺこたび

ジャムといえば!"広島のアヲハタ"でジャムづくり体験と工場見学♡
広島の街中体験

ジャムといえば!"広島のアヲハタ"でジャムづくり体験と工場見学♡

こんにちは!
ぺこたび編集部の、うめ(@umepecomag)です!!

今回は広島県竹原市にある、広島が国内外に誇るおいしい会社の手づくり体験と工場見学をご紹介しますよー!!


目的地までの行き方


さっきからもう指してしまっとるんじゃけどJR忠海駅(ただのうみえき)から向かいます!
歩いて5分くらいじゃね♪

ここからファミリーマートの前を通って、最初に左に曲がれる道を曲がります。

そしたらまた最初の左に曲がれる道を曲がると…


アヲハタ株式会社のPR施設アヲハタ ジャムデッキに到着です!!


アヲハタ ジャムデッキ 竹原市忠海中町1-2-43 /TEL.0846-26-1550 /9:30〜16:30 /休業日.日曜日・月曜日・祝日・年末年始(その他指定休日あり)

ジャムづくり体験・工場見学は予約制!


ジャムづくり体験も工場見学も完全予約制になっています!

まずは予約方法や概要からご紹介しますね♪

予約方法=電話のみ
アヲハタホームページから予約状況カレンダーを確認の上、ご希望日の2ヶ月前の第1営業日〜1週間前までにご予約ください。

体験・見学可能日=火曜日〜土曜日
(土曜日は製造ラインが動いていません。また平日でも動いていない場合がありますが、その場合はアヲハタ ジャムデッキ内のシアターで映像を見ます。)

①ジャムづくり体験&工場見学コース
対象:中学生以上
(小学生は保護者の方と2人1組で体験可能)
所要時間:約2時間半
開始時間:9:30〜/13:30〜
料金:1セット800円
(1セット=200g入りのビン4本)
人数:1〜33名
(原則として他グループと合同)
持ち物:エプロン

②工場見学コース
対象:全年齢
所要時間:約1時間半
開始時間:9:30〜10:30/13:00〜15:00
(午前午後それぞれの時間内でご都合のいい時間を指定できます。)
料金:無料
人数:1〜80名
(原則として他グループと合同)

※詳しくは記事最後のアヲハタホームページよりご確認ください。

ずらーっと長くなっちゃいましたが。
1つ豆情報を!

ジャムづくり体験のジャムの種類は3種類(いちご・オレンジマーマレード・ブルーベリー)。
各回1種類と決まっています。

その決まる方法は、その日の最初の予約の方が選んだ種類なんです!!

予約状況カレンダーで見てみてください♪

限定瓶で持ち帰れる♡ジャムづくり体験


今回私はジャムづくり体験&工場見学コースに参加させていただいたので、そちらをご紹介していきますね!

※工場見学についてだけ知りたい方はこちら!

アヲハタ ジャムデッキに着いたら、荷物はロッカーに入れましょう!


100円払って、出すときに戻ってくるありがたいタイプです♪


そしたらさっそく、エプロンを着ますよ!

エプロンは持ってくるものなので、お忘れなく!
忘れちゃった場合は有料で借りられるので、家を出てから気付いた場合もご安心ください。

アヲハタとジャムづくりについて学ぶ


ジャムを作る前に、アヲハタとジャムづくりについてのお話を聞きます。

ジャムを作るときのコツやポイントも聞けちゃうのでいまから作るときに気を付けるのはもちろん、お家で作るときの参考にもなりますねえ!

いかにも私も家でジャムを作ります、なこと書きましたが私はジャムはアヲハタのを買って使う派じゃけえ家では作りませんよ♡(笑)
じゃけえこうやって作れるのが楽しみ!!


説明を聞いた後は手を洗って…


さすが、手を洗うところも清潔感がすごいです。

ジャムデッキに入ったときから感じたんじゃけど、爽やかな白を使っとるところが多いのもあって掃除が大変そうなのにめっちゃ綺麗なんよ!!

ほこりとかない!!


そして!ジャム工房に入ってゆきます!

ここもですね!
白くて明るくて清潔感!!


わくわく♡
ジャムづくりが始まりますよ〜!

あ!ジャムづくりの予約って1人から予約できるのですよ!

じゃけえ、予約状況によってはマンツーマンで開催されることもあるんですと!!

なかなかないですよね!?
1人から予約ができて、1人でも開催されるって!!

お鍋に移して道具の説明


材料はこのように量られて置いてあるので、お子様のご参加も安心です♡

※小学生のお子様は保護者の方と2人1組での参加になるのでご注意ください。


今回はブルーベリーのジャムを作ります!

てれれってってってって♪
てれれってってってって♪

何の曲でしょうか!


まずは何もしてない状態のブルーベリーを食べてみます!


んー!
冷凍のブルーベリー!

アヲハタでは原料の産地にある一次加工工場で、新鮮で一番美味しい状態の果実を冷凍・保存されるのですと!

そうやってあのジャムの美味しさを出しとるんじゃねえ!!


お鍋に移したブルーベリーを沸騰させとる間に、この道具の説明がありました。

初めて見たなあ!


覗き穴を見てみると…


ん?数字が書いてある!!

これが何の道具なのか!

正解は、ジャムづくり体験をされる方のお楽しみにとっておきましょう♪

ジャムを固めるペクチンと砂糖を入れる


このカップの中には砂糖とペクチンが入っております。

ペクチンはジャムを固める役割をしてくれるのですが…


味見ができます!!


もっていかれる!!
味見をされたら伝わるはず!(笑)

お楽しみに!!


は〜♡
お砂糖とペクチンを入れたジャムは匂いがだんだんと変わってきました♡


ここからはどかっとお砂糖を追加ですよ〜!


美味しくなるように!
愛情を込めてまいります。


味はどうなったじゃろうか??


ん゛!?


ん゛ーーー!!!!

こーりゃ甘すぎる!!
ただ甘いだけというか砂糖の塊みたいな!!


そこからこうやって!


コツを聞きながらジャムづくりを進めていって!


再度味見を!


う〜ん♡!
変わってきたわ!!


ここから少しおいて、美味しさを出してゆきます!

果肉に砂糖を染み込ませる間に試食!


その間に試食タイムです♡!


アヲハタのジャムをジャンルごとにいろいろ試食できます!!


たーっぷりのせて、いただきます!!


あ!やっぱりアヲハタは香りからよいです!!

「香り戻し技術」っていう独自の製法を使っとるけえなんだそうです!!

ジャムを作るときに水分と一緒に出る自然な香りを集めて製品に戻すことによって、フルーティーでお花のような香りを楽しめるんじゃと♡!

いーい香りがしますもんねえ♡!

レモン果汁を入れる


いい具合に時間が経ったので工房に戻って、ジャムづくり再開です!

レモン果汁を加えていきますよ!
酸味が味を整えてくれます!

絶対美味しいジャムができるわ♡!

期間限定!洋酒を入れる


そして!こちらはブランデー!

なんと毎年2月には特別に洋酒入りのジャムを作れるのです!


さらに洋酒は果物ごとに違ったお酒を使います。
今回はブルーベリーだったのでブランデーなんですと!


絶対美味しいよ!って香りが教えてくれております!!

ビン詰め


火を止めて、最後は瓶に詰める作業です。


じゃーん!!
2018年度の冬の瓶はこちらのデザイン!!

毎年デザインが変わるんですよー!!
しかも、春夏秋冬季節ごとのデザインなので1年間に4種類のデザインがあるのです。


ジャムデッキのマークはしっかり入っていますよ♪


出来立てのジャムはあつあつなので、分厚い手袋をして入れていきます。


蓋を閉じれるように瓶を綺麗に拭いて。


さあ!ここから最後の難!

ばり楽しかった!(笑)


ふりふりしてー!


一瞬パッと蓋を開けて!


すぐ閉じる!!
開けたときにシュッという音がするので、それが空気が抜けた合図!

鮮度を保つための空気抜き。
工場のジャムづくりでは酸素濃度を低減させるために、窒素を使って瓶詰めをされているそうです!
これもアヲハタの技術!!

完成!


や〜♡
無事に作り終えました!


ちょっとお鍋に残ったジャムを味見…♡


ん〜♡!
洋酒の香りがすごい!!よい!!

おいしいー♡!

美味しいのにはいろんな理由が!工場見学


ジャムデッキから移動して、工場の見学をさせていただきます!


見れるのはアヲハタ55ジャムの製造工程


インストラクターの方がご説明してくださいます!

今回は特別に写真を撮らせていただいたのですが、普段は心のシャッターを押してください!!

先程のジャムづくり体験で聞いたアヲハタ独自の製造方法2つに加えてもう1つ。
果物の美味しさを保つために、加熱の量を少なくする方法も独自の技を使われているのだそう!!

3つの技を合わせて「ファインフルーティー製法」っていうんですって!

美味しいジャムが食べられるのは、日々の研究と努力ですよねえ。
広島の会社ってほんま、素敵な会社ばっかり!!

館内の見学やカフェ・ショップ利用は予約不要!


工場見学の後はアヲハタ ジャムデッキに戻って、展示を見たりカフェ・ショップの利用ができます。

そして嬉しいことに!
これらは開館時間内であれば予約しなくても利用できるんです!!

近くに来られたときにふらっと立ち寄ることができるからいいですね♡!


これまでのジャムの歴史が可愛い展示で見られるブース♡


それぞれのブースの外観って、缶詰モチーフになっているんですよ!!

カラフルでかわいかったー♡!


ショップにはジャムだけでなく…


こんなかわいいオリジナルグッズたちも置いてあります!

実際にアヲハタのパッケージになっとる絵じゃねえ♡
POP!かわいい!!

ちなみに、社員さんのネックストラップもこの写真右上のかわいいストラップでした♡!
これがあればアヲハタの社員さんごっこができるというわけですよ。


んー!
見るだけでもほんまカラフルでかわいい!!

私的には蓋がストライプになっとるジャムが特にかわいいなあ♡


新商品の情報もゲットできちゃいます!!

ここでしか買えない限定商品も!


こちらの「オレンヂママレード」と「イチジクジャム」はアヲハタ ジャムデッキでしか買えない商品です!!

昔ながらの甘いジャムは、ハードなパンに合わせてもしっかりと味わえます♡
ジャムづくり体験で作ったジャムも甘めに作るので、固いパンにも合いますよ♪


こちらは果汁100%のジュース!!
「瀬戸内ぶどうジュース」と「瀬戸田みかんジュース」です。

アヲハタは「旗道園」という缶詰の会社から始まっていて、その頃から果物へのこだわりもずっと現在のアヲハタまで受け継がれています。
「缶詰は中身が見えないからこそ正直者が作らなければならない」
ここから青旗の印は最上級品の証として印されるようになたそうです。

いいものをいい形で届け続けてきたアヲハタじゃけえこそ、100%果物の良さを引き出したジュースが作れるのです。

そうなのです。

おいしかったのです!!

飲ませていただいて、すっきりした最強に美味しいジュースじゃった♡!


ショップの横にはこのようなレシピが置いてあります♪
季節ごとのレシピが用意してあって、ぜーんぶアヲハタのジャムを使ったレシピなんですよ!!

お料理の種類もめっちゃ多くて、ジャムの使い道の幅が広がりまくります!!

「アヲハタ 55 オレンジ&ジンジャー」を使った手羽元の煮込みとか、思いつかんかったけど想像したら絶対美味しいですよね♡!?

もはやアヲハタはフルーツの会社!!


いやー♡楽しかった!!
取材じゃったけど普通に楽しみました!

パンに塗るだけじゃないジャムの使い方を知れたの嬉しかった!!

果物に対するこだわりもいろいろ知れて、もう「ジャムのアヲハタ」っていうよりフルーツのアヲハタ!​」じゃね!!


このような写真も撮れます!(笑)


楽しい美味しい「アヲハタ ジャムデッキ」…


皆様も是非!!
お越しください!!!

はー♡楽しかったー♡!

ぺこたび編集部のうめでしたー!!

#竹原・三原 #竹原 #竹原市 #工場見学 #ジャム #フルーツ #雑貨 #お土産 #タオル #文房具 #広島から日帰り #文化体験 #駐車場がある #ファミリーにおすすめ #女子旅におすすめ